大村競艇場の予想のコツと特徴

大村競艇場といえばナイター開催!
そしてこの競艇場のレースは独特で、他とは違った特徴を持ちます。
特に予想は当てやすいですが、稼ぐとなると話が変わりますから、予想のコツや特徴を紹介します。

大村競艇場の予想のコツ

1号艇がかなり有利

まず大村競艇場の着率ですが、1号艇が非常に有利です。
1号艇の1着率に限ってみると、60%を超えており2016年のように75%を超えた年もあります。
その分万舟券が出る確率は低くなりますが、レースは1号艇を中心に予想していきましょう。

なお、大村競艇場で1号艇が有利な理由は、インコースが強力だからです。
大村競艇場は風向きが変わりやすいうえに目印が少なく、スタートが難しいといわれています。
さらに強者が集まるレベルの高いレースでは、横一線の傾向が強まり、特にインコースが優位に働きます。

現に着率にもそれが現れていますので、何らかのトラブルが起こるなど、レースが荒れなければ1着は1号艇が有利です。
裏を返せば5回中2回は1号艇以外が1着ですので、万舟券が出る可能性もあります。(知っておきたいコツ)

2着・3着を少点数で当てることが大切

大村競艇場は1号艇が強いことに変わりありませんが、予想する際は点数に注目してみましょう。
特に1着は1号艇に固定するとしても、問題は2着・3着です。
もし2着と3着を予想する時は、特に少点数で狙っていきましょう。
平均配当が低いので、少点数で当てなければ利益を出しにくいですからね。

先に触れたとおり、大村競艇場の特徴は1号艇が強力な反面、2着以降はどのコースが入り込んでもおかしくない状態です。
単純に2号艇・3号艇が続くパターンもありますが、それがセオリーとも限りません。
このため、少点数に絞り込んで勝てる号艇を見つける必要があります。

特に大村競艇場は1号艇が安定している反面、配当金が少なくなりがちです。
その時の風向きなども関わりますが、大きく勝つなら、思い切った予想も必要になるでしょう。

人気の1号艇が飛ぶレースを見つけることが大切

大村競艇場では1号艇の1着率は非常に高くなっています。
しかし、配当金は減ってしまいますので、大勝したい人は注意が必要です。

一方で大村競艇場の着率を見てみると、10レース中3・4レースは1号艇が飛んでいます
つまり飛ぶレースを見つけることができれば、万舟券が出るチャンスがあります。
どのレースも1号艇の人気に変わりありませんので、その分飛んだ時の配当は大きくなります。
単純計算で3レース中1回は1号艇が飛ぶため、積極的に狙っていくのもおすすめのコツです。

例えば、

競艇予想くん
・1号艇の人気選手の調子が悪い
・押し出されて人気になった

という場合には要注意!

ただし、1号艇を軸に買わない場合は、組み合わせが増えることも多いです。
特に3連単だと100パターン以上あるため、勝ちパターンを見つけることは難しくなります。
当たれば非常に大きいですが、的中率を上げたい場合は、あえて1号艇を1着に組み入れるべきかもしれません

大村競艇場の特徴

大村競艇場は日本で初めてオープンした競艇場で、これまで触れた通りインコースが有利になっています。
インコースが有利な点を想定して予想することが重要ですが、1号艇が飛ぶと見越して考えるのもおすすめです。
競艇場側もインコースの強さを喧伝していますので、余程のことでなければインを制した号艇が勝ちます

水面の設計もインコースが有利なように設計されています。
特にコース幅が広くて逃げやすくなっていますので、配当を考慮しないなら1コースに入る号艇だけ予想すれば問題ありません。

レース自体も特徴的で、インが有利になるよう構成されている日も多めです。
上位ランクの選手が1号艇になることも珍しくはないため、大村競艇場=インが強い、という図式が出来上がっています。
現在はナイターも開催されているため、1号艇の1着率は高い確率をキープしています。

ただし、

競艇予想くん
1号艇に有力にならないよう組まれたレースも時折見られます。

あくまでインが有利なだけですので、選手の実績などもしっかり加味しましょう。

なお、大村競艇場は車でアクセスする人が多いですが、レース当日は大村市内から無料のシャトルバスやタクシーが運行されます。
比較的アクセスしやすいので、直接レースを見に行くのもおすすめです。

まとめ

大村競艇場はインコースに強みを持つため、1号艇1着のレースパターンが多くなっています。
過去の1着率が半分をゆうに超えていますので、その凄さが分かるのではないでしょうか。
1号艇を予想しておけば、理論上は半分以上のレースで当てることが可能です。(覚えておきたいコツですね)

その反動として配当金が低く、1号艇1着のレースでは大きな稼ぎが期待できない点も特徴ですが。
もし万舟券を狙うのであれば、1号艇が飛ぶレースを見つけることが重要です。
10レース回中3レース程度は飛ぶ可能性がありますので、それを狙っていきましょう。

一方、1号艇を1着固定として、それ以外を少点数で予想することも重要です。
過去の勝利パターンをチェックして、2着・3着を判断していきましょう。