若松競艇場の予想のコツと特徴とは!潮と季節の傾向を知ることが大切

若松競艇場は福岡県の北九州市にあり、コースは洞海湾に面しています。
潮の満ち引きの影響を受けやすく、状況によって有利な号艇が変わる特徴を持ちます。
季節ごとにレースの傾向も変わるので、予想が難しい競艇場といえるため、コツを把握してください。

若松競艇場の予想のコツ

潮の状態把握がとても重要

若松競艇場は海水を引き込んでおりコースは潮の満ち引きによって水位が変化する場合があります。
他の競艇場より水位の変化は抑えめではあるものの、2メートル程度は変わることに気をつけましょう。
レースごとに水位が異なる場合もありますので、少なくとも干潮・満潮の時間はチェックすることをおすすめします。

ボートレースくん
干潮から満潮へと変わる時間帯は特に水面が変化します。
水位が変化するだけでなく、2マーク付近から潮の流れが変わるため、スタートと重なると荒れたレース展開も予想されます。

↓でも説明しますが、1号艇が有利なレースもあれば不利になるパターンもあります
追い潮か向かい潮かで有利なコースが違うため、予想を立てる前に潮の状況をしっかり確認しておきましょう。(おすすめのコツ)

1号艇が有利なケースとそうでないケースがある

若松競艇場は1号艇の1着率が高く、企画番組はもちろん、潮の状態や季節によっては安定した勝率を誇ります。
しかし、必ずしも1号艇が有利とは限りませんので、全レースの本命とするには少々不安が残ります。

確かに全体を通してみると、1号艇が有利なレースが大半を占めています。
風が穏やかな時や、追い風が吹いている日などはインコースが安定といってもよいでしょう。
また、気温が低いナイターなどもインが強くなります
水面の状態が変わりますので、狙い目といってもよいでしょう。

ボートレースくん
風が強く吹いている時は水面も荒れやすく、そこに向かい風が加わると、インコースの号艇が劣勢です。
特に気温が高い前半のレースは1号艇の1着率も低く、本命選びが困難になるでしょう。

季節によって傾向が変わる

若松競艇場で注意しておきたいのは、季節によるレース展開の傾向・特徴です。
先に触れたように潮の影響にも気をつけなくてはいけませんが、季節ごとの違いも予想に反映させていきましょう。

ボートレースくん

強い風が吹きやすく、水面が波打ってしまう日もあります。
一方モーターの勝率やデータも揃ってくるため、モーターの性能差がレース展開を左右することも珍しくありません

選手の実力差がはっきり出やすく春と同じような傾向になりがちです。
そして追い風が強く、ダッシュの得意な選手が優勢になりますので、1号艇以外が1着になる特徴もあります。

このように、季節が異なるとレースの展開も変わるのが若松競艇場です。
各季節に合わせて予想を立てていきましょう。

若松競艇場の特徴

若松競艇場は通年ナイターが開催されており、日中のレースとは違った予想が求められます。
基本的に気温の低下が理由でインコース有利ですが、夜間のレースに慣れていない選手にとってはそうともいえません
たとえA級選手でもナイターに不慣れな場合、盤石とはいかないことに注意しましょう。

コースの形状はごく一般的で、スタンドから1マークまでは41メートルと比較的広めです。
余裕を持ってターンできるため、インコース優勢に拍車がかかっています。

しかし、潮の状況と風によってはインコースの勝率が下がり、センター・アウトコース優勢になります。
特に干潮時や風が強い時は、3~6号艇にもチャンスがやってきます。
荒れる展開も予想されますので、周回展示は必ずチェックしましょう。

なお、モーターは毎年12月頃に交換されます。
このため、冬のレースはモーターの勝率やデータがアテになりません。
選手の実績や気象条件、タイムなどを考慮して予想を立てることがコツになります
特に地元選手の実績を重視したほうがよいでしょう。

一方で春頃になるとモーターの各種データが集まります
先に触れたとおり、モーター性能が展開を左右するレースもあるため、入念にチェックしておきましょう。

まとめ

若松競艇場は基本的に1号艇が有利で、特にナイターレースなどは高い1着率をキープしています。
このため、1号艇を中心に予想を組んでも大きく外すことはありません。

しかし1号艇が安定せず、時には荒れるレース展開もあります。
風の強さや向きによってはアウトコースが優勢になりますので、1号艇を予想から外すことも必要です。
こうしたレースは高配当が狙えるため、普段と違った予想を立ててみるのもおすすめです。

なお、若松競艇場は潮による影響が特徴で、潮の流れる方向がよく変化します。
水位の変化はさほど大きくありませんが、慣れていない選手は苦労するでしょう。

さらに季節ごとの傾向も考えなくてはいけませんし、不可欠なコツです。
各季節の風向きはもちろん、気温差も考慮して予想していきましょう。