徳山競艇場の当たる予想のコツやボートレース徳山の特徴!

徳山競艇場は山口県の周南市にあります。
コースが瀬戸内海に面した競艇場で、海水を引き込んでいます。
潮の満ち引きによって水面が大きく変化するだけでなく、風の影響も考慮しなくてはいけません。
たまに荒れるレースもあるため、選手の実績とモーター性能には注意してください
徳山競艇場の特徴や勝つためのコツをしっかりと紹介します。

徳山競艇場の予想のコツ

1号艇の信頼度がかなり高い

瀬戸内海に面した競艇場はいくつかありますが、その中でも徳山競艇場は1号艇の1着率がとても高く、コツを覚えやすいです。
基本的に1号艇の信頼度は高く、他の競艇場と同じセオリーが通用します。

瀬戸内海沿いにある競艇場は、どこも1号艇の信頼度が低めです。
一方の徳山競艇場が高い理由は、インコースを優先した企画番組にあります。

徳山競艇場のコースレイアウトはごく一般的で、インコース有利の作りにはなっていません。(意外ですよね…)
しかし、企画番組の構成が1号艇有利になっており、A級選手を多数配置しています。

Name
番組によっては1号艇の1着率が8割を超えますので、本命として狙えます。

反対に企画番組以外は他の号艇も優勢なため、1号艇が盤石とは限りません

水面の変化が大きい時には荒れることも

徳山競艇場は瀬戸内海の海水を使用していて、潮の満ち引きによって水面の高さが変化する特徴があります。
干潮時と満潮時を比べると最大で3.5メートルほど水面の高さが変わるため、水面に慣れていない選手は苦労するでしょう。

なお、潮の満ち引きが起こっている最中は水面変化が大きく、レース展開が荒れることもあります。

ボートマン
水面にうねりが生じますので、ボートをコントロールできず、2マークの直前などで逆転が起こることも。
そこに風の影響が加わりますので、レース直前で予想が成り立たなくなる可能性もあります。

もしリスクを避けるなら、企画番組のレースのみ狙っていくのもありですが、反対に高配当を狙うのもよいでしょう。
荒れた時は何が起こるか分からないため、大穴が来ることも考えられます。

エンジンの能力が結果を左右することもある

モーターの性能にも注目してみましょう。

ボートマン
徳山競艇場は潮の満ち引きによってうねりが生じ、思うようにスピードが上がらず、コントロールも難しいのが特徴です。
実力のある選手でもスタートで出遅れたり、ターンの際に他の号艇に差をつけられる場合もあります。

特に満潮の時は中々勝負が決まらず、最後までもつれ込むことも珍しくありません。
このため、モーター性能が勝負を左右するレースも時折見られます。
徳山競艇場での実績が乏しい選手でも、強力なモーターのボートを引けば結果を出すこともあるほどです。

反対に地元の選手がトルクの低いモーターを引いた場合、負けてしまう可能性もあります。
少しでも勝率を上げたい方は、スタート展示をしっかりとチェックしておきましょう。

徳山競艇場の特徴

徳山競艇場は企画番組が比較的多い点が特徴で、1・4・11レースが該当します。
特にシード番組である1・4レースは狙い目で、1号艇は1着率が8割を超えるほど安定性があります
いずれも1号艇にA級選手を配置しているため、1号艇を本命としても問題はありません。
ただし3・11レースは他の号艇にもA級選手が配置されますので、選手の実績やスタート展示も確認しましょう。

反対に企画番組は大穴が狙いにくく、高配当の舟券は期待できません。
もし高配当を狙っていくなら他のレースに賭けることもコツのひとつです。

コースのレイアウトに特筆すべき点はありませんが、インが有利なわけでもありません。
特に1マーク付近は幅が最大45メートルと広く、アウトコース側も安定してターンできる余裕があります。

一方、風の影響でレース展開が変わることも珍しくありません

徳山くん
徳山競艇場は年間を通じて穏やかな追い風が多くなっており、この場合はインコースの号艇が有利になります。
それに対して、強い追い風や向かい風の時はインが不利になり、アウトコースが優勢になることもあります。

季節により風の傾向や特徴が異なる点に注意しましょう。
特に冬は向かい風の割合が増え、水面が波打つ時もあります
風向き・風速とも不安定になりますので、最後の最後まで気が抜けません。

まとめ

瀬戸内海から海水を引き込んでいる徳山競艇場は、潮位変化が激しく、3メートル以上も水位が変化する日もあります。
干潮と満潮時では有利な号艇が変わりますので、その日の干潮・満潮時間はチェックしておきましょう。

なお、徳山競艇場は基本的にインコースが有利になっています。
特に1号艇の1着率は安定していますので、迷った時は本命にしても問題ありません。

ただし企画番組による影響が大きく、それ以外のレースは1号艇有利とはいかない場合もあります。
水位や風の影響はもちろんですが、モーターの性能に左右されることもあるため、スタート展示は入念に見ておきましょう。
もし1・2号艇に配置された選手のスタート展示が不調なら、センター・アウトコースの号艇を狙ってみるのもおすすめのコツです。