下関競艇場の傾向と特徴!予想のコツは風向き&風速!1号艇は強い

下関競艇場は山口県の下関市にある競艇場で、潮の満ち引きの影響を受けにくいのが特徴です。
風の影響はあるものの、1号艇の1着率が比較的高いため、他の競艇場と同じように本命として狙っていけます。
ただし3連系を狙う場合、2・3着の予想に注意することもコツになります。

下関競艇場の予想のコツ

どんな風?風向きや風速に注意すべき

下関競艇場は瀬戸内海からの海風が吹いており、風の影響を受けやすい立地となっています。
無風の日はめったにありませんので、どのレースも風向き・風速には注意しなくてはいけません。

下関マニア
ほとんどの日は追い風が吹き、時折向かい風が吹く程度です。
まれに横風もありますが、追い風・向かい風の日と比べて多いとはいえません。
追い風の時はインコースの1号艇が有利になります。

年間を通して風そのものは穏やかで、5メートル以上の強い風が吹く日はほとんどありません
ただし、季節によっては強い風が吹きますので、その日の気象の特徴はしっかりとチェックしておきましょう。
風速が強くなるとコースが荒れ、レース展開が読みづらくなりますので、この競艇場のコツを知り尽くしておきたいです。

基本的に1号艇が強い傾向

瀬戸内海沿いにある競艇場の多くは、センター・アウトコースが強い特徴があります。
競艇のセオリーが通用しづらく、予想が外れることも珍しくありません。

しかし徳山競艇場は1号艇の1着率が高く、他の競艇場と同じような予想が通用します。
瀬戸内海沿いにある競艇場の中では異例ともいえますが、1号艇を本命にしても問題はありません。

特に追い風で風が弱い場合、1号艇の1着率が高い傾向にあります。
反対に風が強くなると1着率は下がりますが、他の号艇と比べても安定感があるといえるでしょう。

コース形状はごくありふれたものですが、水面が穏やかで、潮の満ち引きやうねり、波の影響が少なめです。
このため、予想する際は風にだけ注意しておきましょう。

2着・3着を効率的に予想する予想力が問われる

一方で、2着・3着の予想には注意が必要です。
先に触れたとおり、徳山競艇場は1号艇が強いため、2着以降に関しては予想が難しい傾向にあります。
このため、2着以降をしっかり予想できるだけの予想力・コツが求められるでしょう。

もちろん2着・3着もインコースが優勢ですが、これも盤石とはいえません。
もっともアウトコースの6号艇は除くとしても、2~4号艇は2・3着率がほぼ横並びの状態になっています。
どの号艇が入り込んでもおかしくないため、選手の実績やモーターの性能など、さまざまな要素を考慮して予想する必要があります。

なお、5号艇は2着率が低いものの、3着率は決して悪くありません
2~4号艇とほぼ同じ水準ですので、周回展示をしっかり確認しておきましょう。

下関競艇場の特徴

下関競艇場は瀬戸内海の海水を利用していますが、1マーク付近に堤防が設けられており、水面にうねりや波が生じることがほとんどありません。
淡水の競艇場と同じくほぼ静水面で、インコースが有利な競艇場といえます。
浮力もありますので、選手の体重差を考慮する必要がありません

コースの形状もポピュラーですが、スタンド側の1マークは43メートルと余裕があり、インからもゆとりを持ってターンが決められます。
反対に2マークとピット間の距離は非常に広く、170メートル以上もあります。
全力でターンを決められるほか、まくりも決まりやすくなっています。
そのため、まくりが得意な選手にも注目することもコツです。

下関マニア
企画番組は全部で3つあり、1・5・7レースに組まれています。
各レースとも1号艇にA級選手を配置していますので、1号艇が有利な番組構成です。
特に「シーモ戦」は1号艇の1着率が顕著で、8割近い勝率をキープしています。

その分高配当は狙いにくいですが、1号艇を中心に予想を立てやすいのが強み・特徴です。

ただし、他のレースでは1号艇にB級選手を配置している場合もあります。
インが優勢ではあるものの、1号艇の1着率はさほどよいとはいえません。
もし1号艇にB級選手が配置されている時は、他の号艇を本命にすることも検討しましょう。

まとめ

下関競艇場は瀬戸内海に面するものの、水面はかなり穏やかで、うねり・波による影響は少なめです。
潮の満ち引き時には若干の水位変化こそありますが、レース展開に影響を及ぼすほどではなく、ほぼ無視できるレベルといえます。

一方で風の影響は受けやすく、風向きと風速には注意が必要です。
大半は追い風ですが、風が強くなるほどインコースの勝率が下がり、センター・アウトコース優勢になります。
風が強い日のレースは特に気をつけましょう。

しかし、1号艇が有利なことに変わりはありません。
1着率は風速などの影響で変化するものの、1号艇が勝ちやすいため、本命に据えても問題ないでしょう。
その代わりに2・3着は予想が難しいことから、慎重な予想が求められます。