【特徴・予想のコツ】本日開催の競艇場の参考書

9/30に開催される競艇場の特徴や予想のコツ

↓の各競艇場のリンクをクリックされますと、詳細ページに飛びます。
是非とも参考にしてください!

関東エリア

桐生江戸川/平和島

東海エリア

蒲郡

近畿エリア

三国/びわこ/住之江

中国・四国エリア

丸亀/児島/宮島

九州エリア

芦屋/福岡

競艇場ごとの特徴や予想のコツを知るメリット

競艇場によって特徴や傾向が大きく異なる

勝敗の傾向は各競艇場によって大きく異なります。
1号艇有利のところが多いため、一見するとどこでも同じ法則が通用する、と考えてしまいがちですが、同一の手法で予想を立てると後々痛手を被ることになりかねません。
このため、各競艇場の違いを把握することが勝率を上げる近道となります。

競艇場ごとの具体的な違いですが、以下のようなものがあります。

水面の変化(水位や潮の流れ、うねりなど)
コースの形状
モーターの交換時期
企画番組の構成
風向きや風速
季節による風の違い

競艇場によって水質が異なるほか、水面の状態も様変わりします。
例えば海水の競艇場は浮力が強く、潮位の変化がレースの結果に影響を及ぼしがちです。
一方で淡水であれば浮力は低いため、選手の体重の違いがレースを左右する場合も珍しくありません。
他にもコースの形状やモーターの交換時期、番組の構成などによって優勢となるコースが変化します。

さらに風の影響も無視できませんので、季節風や海風が吹く競艇場は風も予想に反映させるべきです。
予想する際はこれらの違いを把握し、法則を見つけることが重要です。

それぞれの傾向を知れば予想の助けになる

競艇場ごとの傾向を知ることは非常に大変で、面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。
確かに全てを把握するのは時間もかかるうえ、労力に合わない可能性も否定できません。
しかし、競艇場の傾向を知ることは無駄にならず、長期的に考えると予想に大きな恩恵をもたらしてくれます。

例えば、無駄な予想や買い目を削減することに繋がります。
ほとんどの方は軍資金が限られると思いますが、その中で勝率を上げるためには無駄買いを防ぎ、買い目を絞り込まなくてはいけません。
舟券を闇雲に買い続けても、いつかは当たるかもしれませんが、最終的な収支はマイナスになってしまうでしょう。

また、予想に時間がかかるようでは出走に間に合わず、舟券を買う前に締め切られる危険もあります。
ネットを使えばギリギリまで粘れるものの、予想時間は短いに越したことはありません。

当たる君
各競艇場の傾向を把握しておけば、最終的な収支をプラスへ持っていきやすいうえ、予想時間の短縮も期待できます。
ただし、全競艇場の傾向を知ることは不可能に近いため、絞り込む必要があります。

競艇は稼ぎやすい?

得意な競艇場を作ればプラス回収も

競艇が稼ぎやすいかどうかは人によります。
収支がマイナスで負けてしまう方も中にはいますが、自分の得意な競艇場を作れば、大きな収益を上げることも不可能ではありません。
反対に全ての競艇場で稼ごうとすると、ネット上の情報を津年に読み漁ったり、さまざまなツールを駆使したりする必要があります。

競艇で稼いでいる方の多くは、自分にとって予想しやすい競艇場をいくつか作っています。
自分の経験も重要といえますが、予想が立てやすい競艇場を見つければ、回収金額をプラスにすることは可能です。

なお、全国の競艇場は初心者向きのところもあれば、上級者でも予想が難しいとろろもあります
上級者向けのところは大穴や高配当も出やすいですが、勝率は低い傾向があるため、予想に慣れていないと賭け金の回収すら難しいでしょう。
最初のうちはインが強い初心者向けの競艇場を1つか2つ選び、慣れたら他に挑戦してみるのがおすすめです。

開催場数が多いので勝負レースを選定しやすい

競艇はレースを開催している競艇場の数が多いうえ、全国のどこかで毎日レースが開催されています。
常に儲けるチャンスがありますので、気になるレースの舟券を買うのもよいでしょう。

なお、毎日多くのレースが開催されているため、勝負レースのみを厳選することも可能です。
確実に狙える・予想に自信があるレースに絞れば、高い勝率をキープできるでしょう。

各競艇場は定期的に企画番組も実施していますが、特定の号艇が勝ちやすい構成にされているのが一般的です。
特に1号艇が優勢な傾向が強く、番組次第では1着率が突出している場合もあります。
配当は少なくなりますが、勝率を高めたい場合や、確実に勝ちたいという時には企画番組が狙い目です。

反対に高配当を狙うのであれば、企画番組を外せば問題ありません。
過去のデータを分析し、大穴が出やすいレースを探してみましょう。

その日開催される競艇場ごとの特徴やコツは、↑の一覧をご覧いただけると参考になるはずです。